1996年 6月9日

藤子アニメは良曲揃い!キテレツ大百科「お料理行進曲」はアニソン史上最高の主題歌

35
0
 
 この日何の日? 
フジテレビ系アニメ「キテレツ大百科」最終回放送日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1996年のコラム 
松田聖子の挑戦【80年代アイドルの90年代サバイバル】今なおトップシンガーであり続ける理由

PUFFY デビュー!奥田民生プロデュース「アジアの純真」作詞は井上陽水

Penthouseもカバー!小沢健二「ぼくらが旅に出る理由」新しい年にふさわしい90年代の名曲

5月12日は奥田民生の誕生日!「イージュー☆ライダー」にみる真の自由とは何か?

木村拓哉と山口智子の名作ドラマ「ロングバケーション」が圧倒的に優れている理由

観月ありさは日本を代表するコメディエンヌ「ナースのお仕事」印象的なサントラは鴨宮諒

もっとみる≫



photo:藤子プロ / ADK  

新・黄金の6年間 ~vol.7
■ キテレツ大百科
原作:藤子・F・不二雄
最終回:1996年6月9日

良曲揃いの藤子アニメ主題歌


昔から、藤子アニメの主題歌は良曲が多い。

藤子アニメとは、藤子不二雄(藤子・F・不二雄/藤子不二雄Ⓐ)原作のアニメのこと。モノクロ時代の60年代なら、“♪8キロ 10キロ 50キロ” の『オバケのQ太郎』(TBS系)を始め、“♪まっ赤なマントをひるがえし” の『パーマン』(同)、筒美京平先生のグループサウンズ風メロディも楽しい “♪ドカバカボカボン” の『怪物くん』(同)と、TBSの日曜19時半枠は名曲揃いだったし、カラーの70年代になると、山本直純先生のファンキー全開のオープニング『新オバケのQ太郎』(日本テレビ系)が、タイトルバック共に素晴らしい仕事を見せてくれた。演出はアニメ界の巨匠・長浜忠夫である。

80年代以降は、“♪テレポーテーション~” の『エスパー魔美』(テレビ朝日系)の主題歌のクオリティが極めて高かった。

計7タイトルが作られた「キテレツ大百科」歴代主題歌


そして何より――『キテレツ大百科』(フジテレビ系)の歴代主題歌がどれも最高だった。アニメ版は1987年に特番、そして翌88年にテレビシリーズ化され、96年まで8年間も放映された。これは、藤子アニメでは『ドラえもん』(テレビ朝日 / 1979年〜)に次ぐ長寿記録である。その間、主題歌は特番も含めて計7タイトルが作られた。

特番
「キテレツ大百科のうた」
作詞:おこちそう / 作曲:細野晴臣 / 歌:堀江美都子

テレビシリーズ
初代「お嫁さんになってあげないゾ」
作詞:森雪之丞 / 作曲:池毅 / 歌:守谷香

2代目「ボディーだけレディー」
作詞:森雪之丞 / 作曲:林哲司 / 歌:内田順子

3代目「夢みる時間」
作詞:吉元由美 / 作曲:林哲司 / 歌:森恵

4代目「はじめてのチュウ」
作詞・作曲:実川俊晴 / 歌:あんしんパパ

5代目「スイミン不足」
作詞・作曲・歌:CHICKS

6代目「お料理行進曲」
作詞:森雪之丞 / 作曲:平間あきひこ / 歌:YUKA

―― いかがだろう。どれもタイトルを見ただけで、ピンとくるのではないだろうか。特番時代を細野サンが手掛けているのも驚くが、これが80年代のフジテレビの力である。「はじめてのチュウ」はエンディングの印象が強いが、その前に短期間、主題歌(オープニング)に起用された時代もあった。



「キテレツ」と言えば、「お料理行進曲」


だが―― 今回取り上げるのはそこじゃない。テレビシリーズの最後に登場した6代目主題歌「お料理行進曲」である。最後と言っても、同曲が使われたのは1992年からの4年間。テレビシリーズ全331話のおよそ半分に当たる。「キテレツ」と言えば、同曲の印象が強いのは、そういうこと。長寿化した要因は、同曲のクオリティもさることながら、その時代背景―― 僕がこのリマインダーで唱える「新・黄金の6年間(1993年〜98年)」にもあると見ている。ちなみに、最終回は1996年6月9日―― 今から27年前の昨日である。

 いざ進めやキッチン
 めざすはジャガイモ
 ゆでたら皮をむいて
 グニグニとつぶせ

「お料理行進曲」―― 作詞は、同シリーズ3作目となる森雪之丞サン、作曲はアニメやCMソングなどを手掛ける平間あきひこサンだ。特筆すべきは、タイトルバックのアニメと調和する詞と曲の世界観。財宝を求め、行進曲も勇ましく、帆船で大海に繰り出すキテレツ・コロ助・ブタゴリラ・トンガリの一行。目指す孤島へ辿り着くが、次の瞬間、ゴツゴツした島のビジュアルがジャガイモに乗り替わる――。

―― 場面変わって、キッチン。みよ子が今まさに茹でたてのジャガイモをマッシャーでグニグニと潰している。そう、同曲は2つの物語が並行して進む、巧妙なレトリック仕立てになっている。

 さあ勇気を出し
 みじん切りだ包丁
 タマネギ目にしみても
 涙こらえて

島へ上陸した一行。勇ましく駆け上がるが、その時、島の火山が大噴火。なぜか噴石ならぬ “タマネギ” が一行に降り注ぐ。懸命に剣で応戦する彼ら。この時の歌詞が “涙こらえて”――感動的だ。だが、そうこうするうち、一行の前に溶岩流が迫る。そして次の瞬間、溶岩流はフライパンの中のミンチに乗り替わる――。

 炒めよう ミンチ 塩・コショウで
 混ぜたなら ポテト 丸く握れ

―― そう、再びキッチン。みよ子が軽快にミンチを炒め、リズミカルに塩・こしょうを振る。一方、島の一行は水量を増した滝に襲われ、急流に飲まれて洞穴に転がり落ちる。インディ・ジョーンズ張りの凄まじい冒険活劇だ。

 小麦粉・卵に
 パン粉をまぶして

洞窟を転がりついた先に広がる巨大地下空間。一行の前には、吊り橋がある。迷わず渡る彼ら。だが、冒険活劇のお約束のように吊り橋は途中で崩れ、一行は放り出される。と、彼らの目の前には、よもやの宝の箱。ふたを開けると、中から黄金色に輝く財宝が――。

 揚げればコロッケだよ

―― 三度、キッチン。財宝は揚げたてのコロッケに乗り替わり、箸に取って微笑むみよ子。テーブルの4人―― キテレツ・コロ助・ブタゴリラ・トンガリの前には、そんなコロッケが盛られた皿が置かれる。だが、ここで突然、荘厳な男性コーラスが覆いかぶさる。

 キャベツはどうした?

その瞬間、箸が止まるキテレツとブタゴリラとトンガリ。みよ子もアッという顔に。だが、一人コロ助だけは意に介さず、笑顔でコロッケを頬張る。

―― どうだろう。この完璧なオチ。最後まで行進曲の世界観を壊さず、たった一言で落とす “キャベツはどうした?” のキラーワード。間違いなく、アニメ史上最高の主題歌と言っても過言じゃない。それにしても、何ゆえ、こんな神曲が生まれ、そして―― 4年もの長きにわたり、使われ続けたのか。



藤子作品としては、極めてマイナーな存在、アニメでは純粋に “面白さ” を追求


アニメ『キテレツ大百科』の原作は、農協(現・JA)グループの出版部門「家の光協会」が発行する子供向け月刊誌『こどもの光』で1970年代中盤、4年間ほど連載された。書店の取り扱いがなかったので、当時小学生だった僕もそうだけど、コミック(全3巻)で同作品を知った読者がほとんどだった。

そう、藤子作品としては、極めてマイナーな(原作ファンが少ない)存在だったのだ。それゆえ、アニメ化にあたり、ともすればアニメスタッフの裁量が大きくなりがちな案件だった。だが―― メインライターのベテラン脚本家・雪室俊一サン(1965年の『ジャングル大帝』で脚本デビューしたアニメ界の超大御所である)をはじめ、フジテレビのアニメスタッフは違った。

彼らは、藤子・F・不二雄先生の原作の世界観を大切にし、その軸を失わないようにアニメ作品に昇華した。原作の少なさゆえのオリジナルのエピソードも、その方法論で作った。それは、今日、再評価されたF先生の「すこし・ふしぎ」=SF短編の世界観に近いものだった。それゆえ、『ドラえもん』より少し上の世代がターゲットになった。主人公・キテレツの相棒ロボット・コロ助の存在も、女子中高生のファン化に拍車をかけた。

要するに―― 同アニメは純粋に “面白さ” を追求できたのだ。小学生だけでなく、中高生もターゲットにしたので、『ドラえもん』よりストーリーテリング(物語の面白さ)に振ることができた。事実、原作のF先生は、当時、アニメ版の『キテレツ』について、こんな感想を残している――

「藤子アニメの中ではキテレツが一番好きで、毎週かかさず見ています。」

満を持して、6代目主題歌として登場した「お料理行進曲」


そのクリエイティブは、レギュラー放送の主題歌にも受け継がれた。こちらは、ベテラン作詞家の森雪之丞サンの仕事である。彼が編み出した手法は、1分30秒でヒロイン・みよ子の物語を見せるというもの。あえて主人公じゃないところがオシャレ。初代主題歌の「お嫁さんになってあげないゾ」と、2代目の「ボディーだけレディー」がそうだった。

4代目主題歌に至っては、相棒のコロ助の歌になった。ご存知、「はじめてのチュウ」である。同曲は一躍人気を博し、その後、エンディングでも長きにわたって使われる。そして、5代目主題歌は、ガールズバンド「CHICKS」のオリジナル曲「スイミン不足」を採用。こちらは、ユルい世界観と突き抜けたサビのメロディが好評を博し、それまで20~30回で交代してきた主題歌が、ここへ来て61回とロングラン。もはや同アニメの主題歌に求められるフェーズは完全に “面白さ” の一択になった。

1992年4月19日―― 満を持して、6代目主題歌「お料理行進曲」が登場する。折しも、時代は「新・黄金の6年間」が到来する前夜。来たる時代の特色の1つが “大衆性” だった。そう、市場が求めたのはお客を選ぶスタイルやセンスではなく―― ベタ。その空気に、「お料理行進曲」がハマるのは歴史の必然だった。

面白い作品が純粋に評価された、幸せな時代の話である。

▶ 漫画・アニメのコラム一覧はこちら!



2023.06.10
35
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
73
1
9
9
4
渋谷系最大のヒット「LIFE」小沢健二は時代のど真ん中にいて震えるほどカッコよかった
カタリベ / 指南役
52
1
9
9
5
始まりは DAICON3!庵野秀明が【新世紀エヴァンゲリオン】を生み出すまでの長ーい物語
カタリベ / 指南役
25
1
9
8
0
子供たちに夢を!【80年代アニメソング総選挙】100位に入らなかった藤子不二雄作品の主題歌
カタリベ / 鈴木 啓之
65
1
9
9
6
木村拓哉と山口智子の名作ドラマ「ロングバケーション」が圧倒的に優れている理由
カタリベ / 指南役
45
1
9
7
9
不朽の名作「ドラえもん」その主人公は、ドラえもんか、のび太か?
カタリベ / 指南役
33
1
9
8
0
ドラえもん誕生50周年、劇場版アニメ第1作「のび太の恐竜」から40年!
カタリベ / 鈴木 啓之