2月15日

ド・ド・ドリフの大爆笑〜♪ 20年変わることのなかった伝説のオープニング

51
0
 
 この日何の日? 
フジテレビ系「ドリフ大爆笑」でお馴染みのオープニングが初めて放送された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
ドモアリガットだけじゃない!ミスター・ロボットに隠された衝撃の日本語

スティクスの運命を変えてしまった「ドモ アリガト ミスター・ロボット」

ビート・イット / アルバム「スリラー」から生まれた名作ミュージックビデオ

圧倒的表現力をもった世界屈指の歌手、テレサ・テンの「淡淡幽情」

百花繚乱のタレントショップ「フローレス・セイコ」とアン・ルイスの「ONAGO」

ユーミンサウンドとオトナの胸キュンドライブ「星空の誘惑」

もっとみる≫




1983年2月15日は何の日か、おわかりの方はいるだろうか? フジテレビが誇るドリフターズの冠番組『ドリフ大爆笑』における伝説のオープニングが初放送された日なのだ。

このオープニングに使われている曲、もともとは徳山璉(とくやま たまき)が歌っていた「隣組」という曲を替え歌にしたものが1977年から使われ、放送が開始。そして1983年にはお馴染みの映像と共に、なんと20年もの間変わる事なく放送されていた。

20年と聞くと、大した事ないか… と思いきや決してそうではない!子供が生まれて成人するまでの間、定期的にオンエアされるのである。

物心がついた頃からこの映像を観ていた方も多いと思う。その20年間に皆、小学校、中学校、高校、短大、専門学校を卒業、もしくは大学入学、卒業、就職した頃合いになっても目にする、“お約束” の映像。これは実に凄い事だ。皆がネタにしていたし、最後の方はドリフのメンバーすらもネタにしていたように記憶している。

1983年といえば中森明菜、松田聖子、サザンオールスターズ、カルチャー・クラブにフィル・コリンズ等が流行っていて、テレビや映画では、『E.T.』『フラッシュダンス』『南極物語』『おしん』『ふぞろいの林檎たち』なども話題になっていた時期だ。

そして、『ドリフ大爆笑』のオープニング映像が変わった2003年は浜崎あゆみ、Kinki Kids、SMAP、CHEMISTRYなどが流行っていた時期。そう、この20年間、『ドリフ大爆笑』は、ブレることなく同じ映像をオープニングとして放送していたのだ。

アニメならキャラが変わらないが、ドリフの面々は生身の人間だ。

最初の数年は、ほとんど気にしてなかったと思うが、5年経ったあたりから「いい加減、変えろよ」みたいに空気になっていたように思う。

これが10年も経つと、「志村といかりや、髪の毛フサフサだな」とか「スクールメイツ髪形古いよ…」とか地味に突っ込むようになっていった。

さらに15年も経つと、揚げ足を取るかのような見方に変わっていき、「カトちゃんの動きが軽やかだな」とか「志村、愛想わりぃんだよな」「後ろで笑ってるおばさん達はもう引退してんだろうな」とか意地悪な見方になっていく。

17~18年も経つと、もう何も思わなくなり、ありのまま全てを受け入れ『大爆笑』を観てる状態だったように覚えている。

DVD など映像商品化がされる時代になり、また、CS 放送でも『ドリフ大爆笑』を観る機会が増えている。そんななかで1983年からのオープニングが流れるわけだが、今の時代に観て思うのは「こういうのもありだよなあ」という事。

人間に歴史あり、テレビに歴史ありだが、無理して変えなくてもいいものもあるのだ。だって、それも歴史になるのだから、あえて変えないっていう事も、実は凄い事なのです。

ちなみにドリフの音楽は今でも人気があるが、このオープニングは音源化されていません…。

2019.09.19
51
  YouTube / daibakusyou24a


  YouTube / slhs0083
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
鳥居淳吉
コラムリスト≫
Re:minder - リマインダー