4月3日

Go Fight!【キン肉マン】串田アキラの力強いヴォーカルとアニソン史に残る名フレーズ

23
0
 
 この日何の日? 
日本テレビ系アニメ「キン肉マン」放送開始日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
ブルースを共有できる盟友、エルトン・ジョンとバーニー・トーピン

40周年!オールナイターズこそ《おニャン子、モー娘。、AKB48、乃木坂46…》の源流だ!

主役は現役女子大生「オールナイトフジ」が深夜番組の歴史を大きく変えた!

人生で一番多く口ずさんだ歌、それは「キン肉マン Go Fight!」

ぶりっ子じゃない松田聖子、ラジオ「夢で逢えたら」で見せた飾らない姿

80年代のフェミニズムドラマ「おしん」メッセージは男に頼るな!

もっとみる≫




プロレスブームの真っ只中に放送が開始された「キン肉マン」


現在50代の男性は、幼少の頃プロレスにハマった人も多かったのではないだろうか。

1973年生まれの自分もご多分に漏れず、幼稚園の頃、初めてテレビで観たテリー・ファンク&ドリー・ファンク・ジュニア組VSアブドーラ・ザ・ブッチャー&ザ・シーク戦でのテリーの血まみれファイトに心を奪われ、プロレスファンの一員となった。

毎週『全日本プロレス中継』『ワールドプロレスリング』をテレビにかぶりついて観戦し、すっかりプロレスの虜になった幼い自分にとっての憧れは、やはり覆面レスラーたちだった。全日ではミル・マスカラス&ドス・カラスの兄弟コンビ「マスカラス・ブラザーズ」、新日ではなんといっても1981年に登場した四次元殺法のタイガーマスクである。友だちとの休み時間のプロレスごっこでは再現できない、彼らの華麗な空中殺法と、美しい覆面マスク姿は、幼かった自分にとってスーパーヒーローそのものだった。

そんなプロレスブームの真っ只中の1983年にアニメ放送が開始されたのがご存知『キン肉マン』だ。

超人たちのプロレスバトルを中心とした友情物語


週刊少年ジャンプに連載されていたゆでたまご先生の漫画を原作とし、日曜日の朝10時から放送されていた『キン肉マン』。開始当初は原作同様にキン骨マンやイワオが登場するギャグ中心の話だったが、「超人オリンピック編」からは超人たちのプロレスバトルを中心とした友情物語へと変わっていき、プロレスファンの少年少女たちを虜にしていく。

主人公のキン肉マンをはじめとして、ロビンマスクやラーメンマンなど登場する超人は、まさに憧れていた覆面レスラーそのものだった。それにテリー・ファンクをモデルにしたテリーマンはもとより、バッファローマンはどことなくブルーザー・ブロディを彷彿とさせたし、ネプチューンマンの見た目はまんまハルク・ホーガンだった。『キン肉マン』は、自分たちを、まるで現実のプロレスラーたちがアニメの世界で活躍しているかのような気分にさせてくれた。そしていつしか友だちとのプロレスごっこは、「キン消し」を使った技の掛け合いに変わっていった。



オープニング主題歌は「キン肉マンGo Fight!」


社会現象ともいえるほどの大人気アニメに登りつめた『キン肉マン』のオープニング主題歌が「キン肉マンGo Fight!」だった。

作詞:森雪之丞、作曲:芹澤廣明コンビによる楽曲は、串田アキラのパワフルすぎるヴォーカルも相まって『キン肉マン』の「バトル」「友情」そして「ギャグ」の世界観を見事に表現している。
 
 ああ心に愛がなければ
 スーパーヒーローじゃないのさ

特にこの歌詞は、お調子者で下品だけど、正義感が強く、仲間のためなら危険をも顧みず戦うキン肉マン=キン肉スグルを象徴するだけでなく、他の正義超人や、他のヒーロー作品のヒーロー像にも影響を与えたアニソン史に残る名フレーズだと思う。

そしてこの「キン肉マンGo Fight!」の魅力はそのアレンジにも溢れている。ファンファーレ風のイントロ、力強いブラスをフィーチャーしたアレンジは、『ワールドプロレスリング』のオープニングテーマ「朝日に栄光あれ」や、『全日本プロレス中継』のテーマ曲でありジャイアント馬場の入場曲でもあった「スポーツ行進曲(NTVスポーツのテーマ)」を思い出させる。またホーンセクションの華やかさや、思わず手拍子をしてしまうようなリズムが、まるでレスラーの入場曲のようでもある。プロレス中継で感じる興奮を『キン肉マン』でも同じように受け取っていたのだ。

個人的な話で恐縮だが、小学校4年生の時の日曜参観で、授業の後のPTA集会に出席する保護者を待つ間、先生が気を利かせて、10時から始まる『キン肉マン』を教室のテレビで流してくれた時があった。

 テテーテテー Ha! テテーテテー Ha!
 Go! Go! マッソー!

串田アキラの力強い歌声が響き渡った教室内は異様な盛り上がりをみせる。それはまるで「猪木ボンバイエ」が鳴り響く中で、猪木を一目見ようと花道に殺到する子どもたちのようでもあり、金曜夜や土曜夕方にワクワクしながらお茶の間で待ち構えて、プロレス中継が始まった瞬間のあの高揚感のようでもあった。まるでプロレス会場のように一体になった教室の興奮は、今でも鮮明に覚えている。

そんな『キン肉マン』が、この度アニメの新シリーズが制作されることが決定したとのこと。プロレス中継が地上波ゴールデンタイムから外れて久しいが、是非とも「キン肉マンGo Fight!」のようにプロレス魂溢れる楽曲で、串田アキラのヴォーカルで主題歌をお願いしたいと切に願う。



追記:このコラムを書いている最中に、テリーマンのモデルであり、昭和プロレスの象徴的レスラーであるテリー・ファンク死去のニュースが飛び込んできた。ご冥福をお祈りします。

80年代アニメソング大集合

▶ 漫画・アニメのコラム一覧はこちら!



2023.09.15
23
  YouTube / 東映アニメーションミュージアムチャンネル
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1973年生まれ
タナカマサノリ
コラムリスト≫
56
1
9
7
6
西城秀樹「ラストシーン」:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.13
カタリベ / スージー鈴木
30
1
9
8
6
果敢にアニソンに挑んだロックバンド MAKE-UP【聖闘士星矢】主題歌「ペガサス幻想」
カタリベ / 中塚 一晶
25
1
9
8
4
運動会を休んでまで観た「炎のキン肉マン」最高にカッコよかったぜ!
カタリベ / バーグマン田形
22
1
9
8
4
夢戦士ウイングマン、甘酸っぱくもほんのり切ないエンディングテーマ
カタリベ / バーグマン田形
125
1
9
7
7
僕たちのロック入門書「すすめ!!パイレーツ」と「マカロニほうれん荘」
カタリベ / 鎌倉屋 武士
15
1
9
8
8
魁!!男塾、アニメの放送が『打ち切られちまった悲しみに…』!?
カタリベ / バーグマン田形