1993年 9月9日

祝 30周年!双子のボーカルユニット【VOICE】今なお素晴らしいハーモニーは健在!

14
0
 
 この日何の日? 
VOICEのアルバム「Natural」発売日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1993年のコラム 
【追悼:HEATH】X JAPAN のボトムを支える抜群のベーシスト!きっかけはHIDEとの出会い

X JAPANの奇蹟!YOSHIKI の隣には天賦のハイトーンボイス TOSHI がいた!

ドラゴンボールが変わった!孫悟飯のハイスクール編(魔人ブウ編)に突入した1993年夏

ニルヴァーナ「イン・ユーテロ」カート・コバーンを苦しめたグランジの商業的成功

ニルヴァーナ「イン・ユーテロ」カート・コバーンを追い込んでしまったのは誰なのか?

久宝留理子「男」女性同士のカラオケでメッチャ盛り上がる共感ソング!

もっとみる≫




ファーストアルバム「Natural」をジャケ買い


ある日、スマホをスクロールしていたら「VOICEが30周年」という文字が流れてきた。
VOICE…! 速攻で脳内に「24時間の神話」と「STAY〜あなたの声が聴きたい」の繊細で美しいハーモニーが流れてきた。ああ、何度も何度も聴いた大好きな歌である。同時に、アルバムのジャケット写真も目に浮かぶ。

そうか、もう彼らとCDショップで出会って、30年になるのか――。

VOICEとの出会いは、『Natural』というファーストアルバムである。もっと言えば、アルバムのジャケット。ふんわりとパステル調で描かれた、茜色とオレンジのグラデーションに浮かぶギターのイラスト。これがなんとも詩的で、ジャケ買いしたのだった。

しかし、ジャケ写買いというのは約3,000円のギャンブル。外れたらもうオブジェとして飾るしかない。だからこそ、1曲目の「ベルが鳴るように」がかかった瞬間、大感動した。CDプレーヤーの再生ボタンを押した瞬間――

 ベルが鳴るように

といきなり、鮮やかに飛び出してきた2人のハーモニー!! それがもう美しくてうれしくて、ガッツリ心を掴まれてしまった。

しかもこのアルバム、ほぼ全曲が名曲。デビューシングルにして大ヒットした「24時間の神話」やセカンドシングル「泣きながらKissして」ももちろんいいのだが、ラストの曲「はじまりはALONE」はまるでむせび泣きや溜息が歌になっている感じの破壊力。センチメンタルのもうひとつ向こう側、静かな陶酔を感じる、お気に入りの1枚となった。

「声を聞きたい」電話の向こう側


セカンドアルバムの「Blue」も、何羽もの鳥が浮かび上がり、高い空を目指すようなイラストジャケットがとてもきれいだ。収録曲は明るく爽やかな曲も多いのだけど、メランコリック密度が高くて、彼らのハーモニーは、やっぱり泣いているようだと思った。



特に、受話器越しの涙というか、電話文化のもどかしさ、やるせなさといった距離感がふわりと思い出されるのである。メールやメッセージではなく、声を届けることこそ、気持ちを届ける一番の手段だった時代。そこから生まれるすれ違いと、執着。サードシングル「STAY〜あなたの声が聞きたい」はまさに、好きな人の声が聞きたくてジーッと受話器を見つめてしまう、あのたまらない感覚がありありとイメージできて、胸を押さえてしまうくらいせつない。

この歌がリリースされたころ(1994年)はもう携帯電話も一応普及していたけれど、VOICEの歌のイメージは、やっぱり固定電話の重み。ちなみに、「STAY〜あなたの声が聞きたい」の独特なドラマチックな世界観、編曲は誰だろうと調べてみたら、服部隆之さんだった。びっくり!

さりげなく心に棲みつくVOICE


「24時間の神話」「STAY〜あなたの声が聞きたい」は、多くの人にカバーされている。私はリュ・シオンさんバージョンの「24時間の神話」を聴いたことがあるが、独特の哀しさに溢れていて、こちらもすてきだった。

カラオケでこの歌が入り、タイトルが画面に映し出された瞬間「キタ名曲…!」とざわつく、という現場にも遭遇したことがある。そんな風に、ビッグヒットではないけれど、誰の心にもそっと棲み続けているような楽曲がVOICEは本当に多い。

そんな彼らがもう30周年。しみじみ思いながら公式サイトに行き、初めて彼らのプロフィールを知った。

北海道出身の、別所秀彦さん、別所芳彦さん。双子だったのか…! なるほどあの半端ない声の重なりに納得である。



逆に言えば、私はあれだけVOICEの歌を繰り返し聴いていたにもかかわらず、彼らの何も知らないままだった。ただただ美しいハーモニーだけを記憶していたのである。 

「どんな人が歌っているのかな」と気にならなかったはずはないのだ。なのだけれど、2人の声と言葉ひとつひとつが胸に落ちて、ジャケットの美しい絵を眺めながら、別世界に飛んでいくのが先になっていた。ずっと!

彼らは、私のなかで本当にやさしい「VOICE(声の人)」だったのだ。

そして今、30周年の記事を機にまたアルバムを聴き直している。最近の配信曲もチェックしたが、素晴らしいハーモニーは健在だ。しかも、ファンの方の書き込みを見ると、ライブMCがむちゃくちゃ面白いらしい。なんだか嬉しくなってきてしまう。

これからも、その涙を思わせる2人の声で、小さな幸せやせつなさ、日常という終わらないドラマを歌ってくれたらいいな、と思うのだ。

▶ KATSUMIに関連するコラム一覧はこちら!



2023.10.17
14
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1969年生まれ
田中稲
コラムリスト≫