1972年生まれ
古木 秀典
 TOTAL 
23
堀越高校42期卒業。堀越賞受賞。専修大学経済学部卒業。
札幌出身、横須賀在住。
ザ・ベストテンをこよなく愛し、40代中盤にしてイントロクイズ大会や昭和歌謡barにハマりつつある、ごく普通の46歳。
 
 
 
 
 
 
 
41
1
9
8
3
青春のマリアージュ、ドラマ「青が散る」と松田聖子「蒼いフォトグラフ」
カタリベ / 指南役

古木 秀典

 
リマインダーで僕の初寄稿が掲載された、同日掲載のコラムが、指南役氏による「蒼いフォトグラフ」。。。

実は蒼いフォトグラフは全ての歌謡曲・ポップスの中でも、歌詞に限定すると一番好きな曲であり、ちょっとした運命を感じてしまいました。

僕自身、この曲の歌詞の良さをいつか表現できたらと考えていたのですが、あまりに素敵すぎて、僕のキャパ・現時点での文章力では手に負えそうもない、そんな、高い壁のような一曲でもあります。

 実は「蒼が散る」の放映時は、僕は小学5年生。金曜8時と言えば、アントニオ猪木のワールド・プロレスリングが全盛の時期で、長州・藤波の名勝負数え唄やタイガーマスクの出現など、そっちを夢中になって見ていたので、「蒼が散る」というドラマの存在を知るのは随分あとになってからでした。(ドラマも原作も未だに見ていない。)

ちなみに、僕の2才上の妻は蒼が散るを毎週見ていたらしく、指南役氏のこのコラムを懐かしそうに読んでおりました。(^^);

本コラムで、両A面と形容された「青が散る」と「蒼いフォトグラフ」ーーー。
 片面しか知らない僕をも、瑞々しいイマジネーションの世界に誘ってくれる曲。

いやいや、蒼いフォトグラフ自体が、松本隆の歌詞と、松田聖子歌声の両A面のようにも思えます。

いつか、僕なりの言葉で、蒼いフォトグラフを表現できる日が来るでしょうか。。。
2018/10/28 23:53
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Re:minder - リマインダー