1992年 3月21日
あれから20余年「部屋とYシャツと私」とビールとゴルゴ13
7
2
 
 この日何の日? 
平松愛理のシングル「部屋とYシャツと私」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1992年のコラム 
回想ライブレビュー、クラブチッタで観たニルヴァーナの「伝説」

回想ライブレビュー:ガンズ・アンド・ローゼズ、熱病のようなあの興奮

ミスチルの1stアルバム「EVERYTHING」桜井和寿の歌声を初めて聴いた日

もっとみる≫

photo:駿河屋  

「3日酔いまでは許すけど、4日目潰れた夜、恐れて実家に帰らないで……」

1992年に平松愛理の「部屋とYシャツと私」がリリースされた時は、これから結婚する男性にとって福音のように聞こえたことだろう。

「綺麗でいたいから、たまには服を買ってね。」

どうぞどうぞ、綺麗でいてくれるならいくらでも買ってあげようじゃないですか。あれから20余年、己の胸に手をあてて考えて欲しい(綾小路きみまろ風に読んで頂きたい)。今や泥酔なら1日目でアウトだし、浮気なんかしなくても毒を盛られそうな気配ムンムンである。

どうしてこうまで女性というのは“Before”と“After”が違うのか。
ある時そんな問いかけをカミさんにしたら、「ふざけるな、そんなのは旦那次第なんだよ!」と手厳しいご回答を頂いた。

世のお父さん同様、娘からは洗濯物の洗濯機同時投入は厳禁されているし……
遡ること37年前、さだまさしの「関白宣言」が一世を風靡したころまでは“父権”というものが確実に存在していたはずなのだが……

私の話をさせてもらうと、晩酌の缶ビールは1本までと規制されているので、もう少し飲みたいときは帰りの電車(無理してグリーン車)で、ビール下地を作って帰る。その時のお供が、キヲスクで売っている「ゴルゴ13」という話であった。

2016.03.24
7
  YouTube / chem1985
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1964年生まれ
小山 眞史
これ、自分の結婚式に、なぜか流れていて、「ぞーっと」したフレーズがあります。
2016/03/31 20:22
0
返信
カタリベ
1967年生まれ
時の旅人
コラムリスト≫
20
1
9
8
1
さだまさしのセイ!ヤング、ラジオから流れるユーモアと流暢なおしゃべり
カタリベ / キマグレ絶望11人いる'16
54
1
9
7
8
さだまさしの「檸檬」リスペクト、僕も聖橋から喰べかけの檸檬を投げた
カタリベ / 藤澤 一雅
63
1
9
8
1
さだまさしのハミングに騙された。ほのぼのなんてしない「北の国から」
カタリベ / 平マリアンヌ
27
1
9
8
5
スタローンと結婚したいっ!初めて買ったLPは「ロッキー4」のサントラ盤
カタリベ / clake
43
1
9
9
8
伝説ライヴ!80年代の福岡から数多くのロックバンドが旅立った理由
カタリベ / 安藤 広一
21
1
9
8
7
芳醇な音楽畑、新世界紀行「自由の大地」を編み上げた服部克久
カタリベ / 蘭 華
Re:minder - リマインダー