6月20日
プリンスのバットダンス、ゴミ袋かぶって踊りまくった奴がいた!
14
2
 
 この日何の日? 
プリンスのアルバム「バッドダンス」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1989年のコラム 
アダム&ジ・アンツからTFF経由でポール・マッカートニーへと繋がる道

新入社員の僕が背中を押されたポールの「フィギュア・オブ・エイト」

不幸続きのヘビメタバンド、デビューが13日の金曜日だったライオン

J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.3

スパイク・リー「ドゥ・ザ・ライト・シング」に教わったヒップホップの魅力

これぞドゥービー、あまりにもドゥービー、時を超え黄金メンバー再結成!

もっとみる≫

photo:Amazon  

その昔、ゴミ袋は今のような半透明じゃなくて、真っ黒なビニールでできていた。分別なんて概念もあまりなく、何でもかんでもブラックビニールに詰め込んで出していた気がする。なんでそんな話をするかというと、この真っ黒なゴミ袋をかぶってバットダンスを踊った奴を思い出したからだ。80年代後半、大学時代の音楽よもやま話である。

僕は音楽系のサークルに所属していて、学園祭の時だっけかな、今でいうクラブみたいなものを開き、DJパーティみたいなことを毎年やっていた。まあなんて事は無い、気のおけない仲間同士で自分たちの好きな曲をかけ、酒飲んで、騒いで、踊ったりしていた。当時、世の中的にはダンスミュージックが全盛だったけど、僕らのサークルはどっちかというとロックが好きな人が多かったかな。ジャネット・ジャクソンやボビー・ブラウンって感じじゃなくて、REMとかエルヴィス・コステロとか。だからまあ、マイナーな感じです。

そんな中、ダンスとかロックとかメジャーとかマイナーとか関係なく、有無を言わさず創作のピークにあったのがプリンス。リリースするアルバム全てがカッコよかった。個人的には「プリンス&ザ・レヴォリューション」時代が一番好きだけど、ソロ名義になってからの方がエポックメイキングだった気がする。

2枚組アルバムのサイン・オブ・ザ・タイムス(究極の独りよがり!)、ブラックアルバム(彼自身の気まぐれで発売中止!)、全裸ジャケットのラブセクシー(CDは全9曲が1トラックになっていて選曲できない!)、そしてバットマンのサントラ(実はサントラじゃなくて映画にインスパイアされたオリジナル!)と続いた。いやあ、80年代の音楽シーンはプリンス抜きで語れないほどホント凄かった。

あれ? そうじゃない、プリンスじゃなくて、真っ黒なゴミ袋をかぶってバットダンスを踊った奴について書くんだった。次回に続きます。ひとまず「バッドダンス」のミュージックビデオをご覧あれ。チョーカッコイイ!

2016.03.17
14
  YouTube / R!ck
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
太田 秀樹
はい、がんばります ww
ついに「彼」が登場します。
2016/03/20 13:21
0
返信
1968年生まれ
親王塚 リカ
まさかの前後編!ww 次回を楽しみにしています。
2016/03/19 11:16
0
返信
カタリベ
1966年生まれ
太田秀樹
コラムリスト≫
21
1
9
8
9
プリンスのバットダンス、ゴミ袋かぶって踊りまくった奴がいた!の続き
カタリベ / 太田 秀樹
44
1
9
8
6
四月に雪が降ることもある、ありがとうプリンス… 感謝してる
カタリベ / 太田 秀樹
16
1
9
8
4
双璧だったマイケルとプリンス、そしてスリラーとパープル・レイン
カタリベ / ジャン・タリメー
12
1
9
8
6
新しい時代の幕を開けた「パレード」恐れを知らず、孤独だったプリンス
カタリベ / 宮井 章裕
10
1
9
8
2
プリンスとマイケルはコインの裏表、その始まりは「1999」!?
カタリベ / ジャン・タリメー
20
1
9
8
6
プリンス初来日公演30周年記念、歴史に残る横スタ狂乱のオープニング!
カタリベ / 宮木 宣嗣
Re:minder - リマインダー