4月21日
80年代カラオケの実情:SOMEDAY、いったい誰がマイク持ってるの!?
13
0
 
 この日何の日? 
佐野元春のコンピレーションアルバム「ノー・ダメージ」がリリースされた日(SOMEDAY 収録)
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
見た目のフツーっぽさ、ファッションでは語れない R.E.M. 普段着の音

ソウルメイトの優しさを思い出す一曲、スパンダー・バレエのトゥルー

【R.I.P.】デヴィッド・ボウイと踊ろう、シリアスな月の下で

僕の前にいきなり現れたロック・シンガー、佐野元春で忙しかった夏

高気圧ガール♪ タツローサウンドと眞木準さんの思い出(前篇)

1983年夏、夏期講習の帰りに聴いた松田聖子の天国のキッスなどなど

もっとみる≫

photo:OTONANO  

先日、東京八重洲にある、創業50年以上というバーに出かけました。なんとマスターは3代目とのことで、お客さんも常連ばかり。とても居心地のいい店です。カウンター数席とボックス1席という狭い店ですので、客同士で歓談することもしばしば。昭和の色が濃く、リマインダー世代の皆さんのツボにハマるかもしれません。

さて、カウンター越しに店のスタッフと話していると、いつの間にか隣にいたはずのA君(近日中に当サイトの「カタリベ」としてデビューします)がいません。するとカラオケで流れてきたのが『SOMEDAY』。ご存知、佐野元春さんのスーパーソングです。で、案の定というか、別のお客さんまで巻き込んだ大合唱となり、誰がマイクを持っているのかさっぱりわからなくなる現象が発生しました。

1981年発売のこの曲は、当時の大学生の宴会でも必ずと言っていいほど歌われていたと思います。当時、カラオケに消極的だった友人のツボ君やI君も、なぜかこの曲には積極的。「周りも一緒に歌うからいいや!」てな感じです。

35年という時を越えて、現在でも全く同じようなシチュエーションになるのは、一体なぜでしょう? しかも、周囲の人も全く同じような大合唱。その理由は、この曲の持つ力強さなのか、未来への思いなのか定かではありませんが、「野郎どもの心に刺さった」のは間違いありません。「素敵なことは、素敵だと無邪気に笑える心が好きさ」って素敵さ。


SOMEDAY / 佐野元春
作詞・作曲:佐野元春
発売:1981年(昭和56年)6月21日

2016.03.15
13
  YouTube / 佐野元春 - DaisyMusic
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1964年生まれ
小山眞史
コラムリスト≫
24
1
9
8
2
SOMEDAY、佐野元春が喚起したちょっと困った工作魂
カタリベ / ソウマ マナブ
116
1
9
8
1
ベタでもいい!佐野元春「サムデイ」は私にとってかけがえのない名曲
カタリベ / 稲田 雪路
48
1
9
8
2
ポップス界に王子登場!杉真理の歌う、涙の先に射す光
カタリベ / 佐々木 美夏
125
1
9
8
4
佐野元春がひとりぼっちで生み出した勇気、今こそ鳴り響く「VISITORS」
カタリベ / 田中 泰延
62
1
9
8
1
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 矢野顕子と大滝詠一の因果な関係
カタリベ / @0onos
43
1
9
8
2
彼女はデリケート、佐野元春のビートが僕の未来を約束してくれた
カタリベ / 本田 隆
Re:minder - リマインダー