11月30日
まさにワーカホリック、80年代に世界で最も活躍したアーティストは?
94
1
 
 この日何の日? 
フィル・コリンズのシングル「ワン・モア・ナイト」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
人事担当者必見!「イージー・ラヴァー」に見るダイバーシティの理想形

幻の1曲、バンド・エイドの向こうを張ったクイーンのクリスマスソング

クリスマスミュージックが嫌いな人のためのクリスマスミュージック?

女の子はだれでもマテリアル・ガール?若さと美貌とお金の関係

カセットテープで曲をプレゼント、そして僕は霧雨で途方に暮れる

31年の時を超えても止まらない「ゴーストバスターズ」のワクワク感!

もっとみる≫

photo:YouTube  

好き嫌いはさておき、1980年代に世界で最も活躍したアーティストを1人選べと言われたら、フィル・コリンズ(ジェネシスのドラマー兼ボーカリスト)をおいて他にいないだろう。まずは、彼が80年代にリリースしたシングルのうち、ビルボードで1位になった楽曲を見て欲しい。

・Against All Odds (Take A Look At Me Now)(84年4月21日1位)
・One More Night(85年3月30日1位)
・Sussudio(85年7月6日1位)
・Separate Lives (85年11月30日1位)※Phil Collins / Marilyn Martin
・Invisible Touch(86年7月19日1位)※Genesis
・Groovy Kind Of Love(88年10月22日1位)
・Two Hearts(89年1月21日1位)
・Another Day In Paradise(89年12月23日1位)

もちろん、これらだけではない。彼は、バンド・エイドの「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」で当たり前のようにドラムを叩いているし、85年7月13日に行われた20世紀最大のチャリティコンサート『ライヴ・エイド』において、ロンドンとフィラデルフィア両方の会場に出演した唯一のアーティストであった。なんとロンドンで演奏した直後に、超音速旅客機コンコルドでフィラデルフィアに移動したのだ。

僕たち音楽仲間の間で「チャリティおじさん」と呼ばれていた彼の働きぶりは、まさにワーカホリックそのもので、チャリティコンサートへの出演だけでなく、フィリップ・ベイリー『チャイニーズ・ウォール』やエリック・クラプトン『ビハインド・ザ・サン』『オーガスト』などのプロデュース、さらには映画『バスター』(88年公開)に主演するなど、彼の名前を聞かない日はないほどだった。


One More Night / Phil Collins
作詞・作曲:Phil Collins
プロデュース:Phil Collins / Hugh Padgham 
発売:1984年11月30日(85年1月19日 13位)


脚注:
『Chinese Wall』(85年2月23日 22位)
『Behind the Sun』(85年5月25日 34位)
『August』(87年3月21日 37位)

2016.03.20
94
  YouTube / Phil Collins
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
53
1
9
8
4
UKオールスターズ「バンド・エイド」で締めくくられた1984年のクリスマス
カタリベ / 中川 肇
35
1
9
8
4
英国三大ギタリスト「クラプトン、ベック、ジミーペイジ」それぞれの40代
カタリベ / 中川 肇
33
1
9
8
6
ピーター・ガブリエルのスレッジハンマーは僕を何度もノックする!? 
カタリベ / 宮井 章裕
10
1
9
8
6
ピーター・ガブリエルの「スレッジハンマー」に脳天ガツンとやられました
カタリベ / DR.ENO
73
1
9
8
0
妄想探偵の追跡捜査、YMOの「ビハインド・ザ・マスク」を追いかけろ!
カタリベ / 鎌倉屋 武士
30
1
9
8
4
人事担当者必見!「イージー・ラヴァー」に見るダイバーシティの理想形
カタリベ / ミスターZ
Re:minder - リマインダー