12月5日
贈り物は「金色のリボン」俺が松田聖子を好きになった理由(わけ)
10
0
 
 この日何の日? 
松田聖子のクリスマス企画アルバム「金色のリボン」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
時代劇エイティーズ!影の軍団と伊賀忍法帖、忍者はバラードがよく似合う

大阪・ミナミのピンク映画館でシーナ・イーストンを聴いた日

ゼロからのスタート、飽くなき挑戦を続ける矢沢の It's Just Rock'n Roll

松田聖子の「恋人がサンタクロース」その歌声は等身大の胸キュンXmas

言語化されたパンク、批評を通じて生まれた「20センチュリー・ウーマン」

ラストツアーの地はジャパン「はじめての追っかけ」お姉ちゃん篇

もっとみる≫

photo:OTONANO  

その男がやってきたのは、すでに陽が落ちた午後8時。真冬の京都は、この時間、すこぶる寒い。

俺の部屋は、左京区の古びた民家が立ち並んだ一角にある典型的な下宿屋。門の前には、1メートルほどの幅の用水路があり、真冬には、さらに体感温度を下げてくる。東の道を挟むと、そこには巨大な畑が広がっており、この家の主も以前は農家だったのであろうと想像できる。市バスの終点となるバス停の近所でもあるから、市内でも明らかにはずれに近い。

部屋の裏窓を開けると、目の前には小高い山がある。まがりくねった坂を昇り、その山を越えると宝ヶ池が横たわる。江戸時代にため池として作られたそうだが、ボート遊びが可能なほどの大きさだ。今では地下鉄が通り、京都駅から直通になったが、1982年の当時は、当然そんなものはなく、「山越え」したあたりは街中と隔絶された地方の香りが漂い、その匂いに刺激されたカップルが立ち寄る数店のカフェが否応なしに目立つ、ドライブコースの1つとして認識されていた。

その男は、京都駅から南西の方向に約5キロのところに住んでいた。京都駅から見ると俺の部屋とは正反対。競輪場で名の知れた街だ。

「今からそっち、行っていいか」

ぶっきらぼうな電話を切ったあと、40分ほどで男はやって来た。驚いたことに、そのいでたちは、スタジャンにGパン。下にはトレーナー程度しか着込んでいない。おまけに真冬の京都をグローブやヘルメット無しで、愛車の “Honda Lead” でかっ飛んで来たという。当時の原付バイクは、メットの着用が義務付けられていなかったのだ。距離にして約13キロ。驚く俺に向かって男はうそぶく。

「俺は、札幌育ちだから、こんな寒さはどうってことはない」

そんなタフな男がこよなく愛していたのが、なぜか松田聖子。肩をいからせて歩く姿には、とても似合わない。発売したばかりのアルバムも購入済みだそうだ。そして、俺にも聴かせようと、すぐに録音テープをくれた。クリスマス直前に、図らずもプレゼントをもらってしまったのだ。

そのアルバム『金色のリボン』に収録されていた曲の中で、男が特に気に入っていたのは「恋人がサンタクロース」。今でこそ、ユーミンの大人気曲として知られるが、当時は、あまり知られていなかった。男は会う度に「ええやろ、ええやろ」と覚えたての関西弁を連発する。こうして俺は、男と松田聖子がちょっと好きになった。


恋人がサンタクロース / 松田聖子
作詞:松任谷由実
作曲:松任谷由実
発売日:1982年(昭和57年)12月5日
クリスマス企画アルバム『金色のリボン』に収録

2016.12.08
10
  YouTube / 531SENGOKU さんのチャンネル
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1964年生まれ
小山眞史
コラムリスト≫
50
1
9
8
2
松田聖子の「恋人がサンタクロース」その歌声は等身大の胸キュンXmas
カタリベ / 稲田 雪路
37
1
9
8
3
1983年夏、夏期講習の帰りに聴いた松田聖子の天国のキッスなどなど
カタリベ / 太田 秀樹
48
1
9
8
2
1982年夏の最強タッグ、ユーミンと聖子がいなかったら夏休みは始まらない
カタリベ / 親王塚 リカ
28
1
9
8
0
不二家歌謡ベストテン、ユーミンとロイ・ジェームスと日曜日の朝
カタリベ / 親王塚 リカ
59
1
9
8
4
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 松田聖子が覆したコスメ界の常識
カタリベ / @0onos
25
1
9
8
4
恐ろしいほどの輝き、松田聖子の「ハートのイアリング」
カタリベ / 太田 秀樹
Re:minder - リマインダー