12月15日

ルパンと次元のバディもの、カリオストロの城は「二人」の物語

47
0
 
 この日何の日? 
映画「ルパン三世 カリオストロの城」が劇場公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1979年のコラム 
マイ・ウェイ ー 破滅的な人生をリアルに体現したシド・ヴィシャス

あの日、運命を背負って生まれた歌 ー 久保田早紀の名曲「異邦人」

前のめりに突き進むジョー・ストラマー、気迫の「ロンドン・コーリング」

戦国自衛隊のサントラは10曲すべてがメインテーマである

炎のたからもの、久しぶりにスクリーンに甦ったカリオストロの城

ストラングラーズ、夜獣の館に漂うは初めて嗅ぐ本場のパンクロックの匂い

もっとみる≫






photo:NIPPON COLUMBIA  

「緑ルパンが復活するって」

そう教えてくれたのは、小学校の同じクラスのアニメ通のEクンだった。彼には大学生のお姉さんがいて、なんでもアニメ研究会のサークルに所属しているらしく、そこからディープなアニメ情報を仕入れては、時々僕に教えてくれた。

当時、僕の記憶では―― テレビ漫画が「アニメ」と呼ばれ始めた1970年代後半のアニメ黎明期、ブームをけん引したのは、高校生や大学生のお姉さんたちだった。

彼女たちのお目当ては松本零士先生の作品であり、『宇宙戦艦ヤマト』の古代進や『キャプテンハーロック』のハーロック艦長がアイドルだった。『さらば宇宙戦艦ヤマト』の主題歌が沢田研二になったり、『銀河鉄道999』の映画版の鉄郎が二枚目に改変されたり、その主題歌をゴダイゴが歌ったのは―― 彼女たちのマーケットに配慮したからである。アニメがオタクの趣味になるのは、その後の話である。

閑話休題。

緑ルパン―― それは、僕とEクンの間で度々交わされた「ルパンは緑」という誓いの合言葉だった。

当時、毎週月曜の夜7時から『ルパン三世』の第2シーズンが放映中だったが、僕とEクンは、その赤いジャケットのルパンを認めていなかった。僕らの中でルパンと言えば「緑ルパン」であり、即ち再放送でしか知らない第1シリーズだった。

小学生ながら、僕らは緑ルパンの魅力を「話の面白さ」と見抜いていた。初期の大人の世界を見せてくれるクールなルパンも、後期のエンターテイメントを演出してくれるコミカルなルパンも、どちらも話の面白さでは甲乙つけがたく、僕らは両方好きだった。後年、初期は大隅正秋(現・おおすみ正秋)サンが、後期は高畑勲・宮崎駿コンビが演出を手掛けたことを知るが、小学生の僕らは、ただ「緑ルパン」という記号のみで、両者の偉業を称えていた。

そして話は冒頭に戻る。

「緑ルパンが復活? マジで?」
「マジ。映画だけど」
「面白いと?」
「わからん。でも、緑だから」

今ならネットを使えば、瞬時に映画のスタッフリストが手に入るが、当時の小学生に映画の詳細情報を知る術はない。原作者がモンキー・パンチなのは知っていたが、一度原作漫画を読んでショックを受けて以来、僕らの間で原作者の名前は封印された。

そして、映画は公開の日を迎える。

時に1979年12月15日―― そう、今から39年前の今日である。映画のタイトルは『ルパン三世 カリオストロの城』。映画監督は宮崎駿、その人である。

冬休みに入り、僕らはEクンのお姉さんに付き添ってもらい、中洲の映画館へと出かけた。

「めちゃくちゃブスやけん、驚くなよ」

そう脅されたお姉さんは全然ブスじゃなく、思ったより小柄で、大人しい人だった。今では信じられないが、館内は半分くらいの入りだったと記憶する。

映画は、国営カジノのシーンから始まる。ルパンと次元が札束の入った袋を抱えて逃げている。間違いない、緑ルパンだ。この瞬間、僕は軽く興奮したのを覚えている。

その後、札束が偽札と分かり、2人は愛車・フィアット500から大量の札束を車外に放つ。めちゃくちゃな量の札束が放たれる。そして空へ――

ここにタイトルが被さる――『ルパン三世カリオストロの城』。

なんだろう、抜けるような青空に右上がりの書体がカッコいい。「ルパン三世」と書かれた紙には短剣が突き刺さり、「城」は文字通り、城のシルエットになっている。このタイトルを見た瞬間、僕は同映画が傑作であることを確信した。本当だ。タイトルを見ただけで、こんなにもワクワクさせてくれた映画は他にない。

そして主題歌の「炎のたからもの」が始まる。当時、映画は冒頭に主題歌が流れていたのだ。作詞・橋本淳、作曲・大野雄二。歌うはボビーである。


 幸せを訪ねて 私は行(ゆ)きたい
 いばらの道も 凍てつく夜も
 二人で渡って 行きたい


背景は、ひたすら旅を続ける愛車フィアットと、ルパンと次元の2人が描かれる。ポイントは、歌詞にもある「二人」である。そう、僕らは忘れかけているが、『ルパン三世』は第1シリーズの1話を観ても分かる通り、原点はバディものなのだ。大人の男2人の物語。普通、「二人」と書かれると恋人同士を連想するが、ここでは敢えて友情説を取りたい。敢えて、ね。カリ城は、要するにルパンと次元の映画なのだ。

以前、銀座三越で開催された『ルパン三世』展を見学した時の話を紹介したい。この時、第1シリーズと第2シリーズそれぞれの企画書が展示してあって、両シリーズの違いを知るのに、印象的なくだりがあった。

1つは、第1シリーズの企画書で感心した一文である。峰不二子のプロフィール欄には、彼女の顔のみが描かれており、全身が白紙になっている。その横に注釈があった。

「峰不二子は、放送時点のパリの最新モードを着せます」

―― カッコいい。これぞ企画書だ。あえて描かないことで、彼女のキャラクターを浮かび上がらせる。これは大隅サンが書いたものだが、緑ルパンが傑作なのは、この一文のセンスからも分かるというもの。対して、第2シリーズの企画書だ。キャラクター紹介のページには、前文にこう書いてある。

「本シリーズでは、ルパン・次元・五右ェ門・不二子・銭形の5人が毎回必ず揃います」

―― なんということだ。ゴレンジャーか? そう言えば、宮崎駿監督が第二シリーズの演出を打診された際、「五右ェ門が出ない回を作っていいですか?」と聞き返したというエピソードが残されている。

そう―― 言われてみれば、カリ城における五右ェ門の存在感は薄い。不二子ですら単なる脇の一人の印象がある。銭形も、ルパンの補完勢力になっている。ラストに名セリフを吐いているから印象には残るが、全体の活躍度は今ひとつ。

お分かりだろうか。あの物語で宮崎駿監督が伝えたかったのは、これは「ルパンと次元」のバディものの話であり、「ルパンとクラリス」の恋の物語であり、その3人で伯爵を倒す冒険活劇なのだ、と。

敢えて、五右ェ門と不二子と銭形を強調しないことで、カリ城は名作となったのだ。これぞ引き算の美学。そのメッセージを冒頭の主題歌でさりげなく教えてくれる宮崎監督は、やはり天才である。

そう言えば、あの日、映画館を出て、Eクンのお姉さんが帰りしなにこんなことをつぶやいた。

「五右ェ門様、あんまり活躍しなかったな」

彼女がカリ城に対して口にした感想は、それだけである。

2018.12.15
47
  YouTube / TOHO animation チャンネル


  YouTube / takanon64


iTunes / LUPIN THE THIRD THE ORIGINAL -NEW MIX 2005-

 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
指南役
コラムリスト≫
33
1
9
7
9
炎のたからもの、久しぶりにスクリーンに甦ったカリオストロの城
カタリベ / 鎌倉屋 武士
159
1
9
7
9
ゴダイゴ「銀河鉄道999」に見る作家性と商業主義の両立
カタリベ / 指南役
68
1
9
7
8
渋谷の再開発とさらば宇宙戦艦ヤマト、今はさらばと言わせないでくれ…
カタリベ / 鎌倉屋 武士
52
1
9
7
8
少年たちが涙した「さらば宇宙戦艦ヤマト」気がつけば佐渡先生と同い年
カタリベ / 鎌倉屋 武士
91
1
9
8
1
黄金の6年間:アニメ新世紀宣言!歴史を変えた「機動戦士ガンダム」の登場
カタリベ / 指南役
42
1
9
7
9
銀河鉄道999の女性たち。酒場の女・リューズの歌声に耳を傾けながら…
カタリベ / 鎌倉屋 武士
Re:minder - リマインダー