6月11日

ポップミュージックの当たり年「1958年」に生まれたマドンナのターニングポイント

150
4
 
 この日何の日? 
マドンナのシングル「パパ・ドント・プリーチ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
どちらも生真面目!? PiLとスタカンは似てない双子か他人のそら似

アブソリュート・ビギナーズ ー そして、シャーデー・アデュの美しさ

特別な意味をもった曲「心の絆」とフレディ・マーキュリー最後のレコーディング

スミス・ミーツ・ピカソ ー「フェリスはある朝突然に」のメランコリー

会員番号17番:城之内早苗、おニャン子クラブで異彩を放った演歌少女

ポールがバック!? デヴィッド・ボウイとミック・ジャガー幻の共演ライヴ

もっとみる≫




プリンス、マドンナ、マイケル・ジャクソン、この3人は同い年!


よく農作物や果物の収穫の多い年を “当たり年” と言うが、人間にも当てはまることがある。例えば、サッカーでは1972年が当たり年で、リバウド、ジネディーヌ・ジダン、パベル・ネドベド、ルイス・フィーゴの4人のバロンドール(Ballon d'Or、欧州年間最優秀選手)受賞者がこの年に生まれている。

そして、ポップミュージックの世界で当たり年と言えば、1958年をおいて他にはないだろう。何しろ、この年の6月7日にプリンスが、8月16日にマドンナが、そして8月29日にはマイケル・ジャクソンが生まれたのだ。

この3人が同じ年の夏に(しかも全員が米国中西部で)生まれたのは、単なる偶然として片付けてしまっては勿体ない気もする。いずれにしても、もはや健在なのはマドンナだけになってしまった訳で、そのことだけでも彼女が偉大だと言っていいんじゃないかと思う。

米CBS「カープール・カラオケ」で魅せたマドンナのサービス精神


そんなマドンナが2016年、満を持して「カープール・カラオケ」(※1)にやって来た。日本でもTVのワイドショーなどで取り上げられていたから、彼女にニュースバリューがあるということなのだろう。

映像の中で彼女は、「ヴォーグ」でヴォーギング(腕を中心に指先まで使った早い動きやポージングで色っぽく魅せるダンス)、「ビッチ・アイム・マドンナ」でトワーク(お尻を激しく動かすヒップホップのダンス)を披露したかと思えば、「ドント・クライ・フォー・ミー・アルゼンチーナ」をアカペラで歌ったりと、サービス精神旺盛な一面を見(魅)せてくれている。中でも、僕にとって最も印象に残った… というか、懐かしかったのが「パパ・ドント・プリーチ」だ。

バッサリとショートカット、新しいイメージの「パパ・ドント・プリーチ」


「パパ・ドント・プリーチ」は、サードアルバム『トゥルー・ブルー』からのセカンドシングルで、彼女にとって4曲目の全米No.1である。シンセサイザーの重厚なストリングス音源が緊張感を漂わせ、チョッパー(今で言うところのスラップ)風のシンセベースがかなり利いている。ちなみに、このイントロは、ABBA の「アズ・グッド・アズ・ニュー」からインスパイアされたらしい。

当時は、ヘアスタイルと歌詞も大いに話題になった。ビデオクリップの中の彼女はバッサリとショートカットに変わっていたし、歌っていた内容も、未成年未婚女性の妊娠・出産という米国社会が抱える問題をクローズアップしたものだったからだ。

この曲から、前作『ライク・ア・ヴァージン』で定着した(下手すれば下品な)セクシー路線に加えて、少しずつインテリとか、社会派といったイメージが彼女に付いてきたような気がするし、彼女のキャリアにとってもターニングポイントだったのではないかと思う。

あっ、この曲がレベッカの「MOON」に似てるというツッコミは、今日は “なし” ということで。


Song Data
■ Papa Don't Preach / Madonna
■ 作詞・作曲:Brian Elliot, Madonna
■ プロデュース:Madonna, Stephen Bray
■ 発売:1986年6月11日

Billboard Charts
■ Papa Don't Preach / Madonna(1986年8月16日 全米1位)
■ Vogue / Madonna(1990年5月19日 全米1位)
■ Don't Cry For Me Argentina / Madonna(1997年3月1日 全米8位)
■ Bitch I'm Madonna / Madonna(2015年7月4日 全米84位)

Billboard(Album)
■ Like A Virgin / Madonna(1985年2月9日 全米1位)
■ True Blue / Madonna(1986年8月16日 全米1位)


編集部注:本文にあります「カープール・カラオケ」については、
■ レジェンド登場、ポール・マッカートニーが「カープール・カラオケ」に出演!
■ スター誕生といえば、レディー・ガガよりバーブラ・ストライサンド
■ どうしたスティング、なんと、歌うウェイター役でコント出演!
■ ボウイやジャガーだけじゃない、“サー” エルトン・ジョンを忘れるな!
■ これが真のエンターテイナー、スティーヴィーは音楽の魅力だけじゃない!
■ ブロンド好きのスーパースターがカープール・カラオケにやってきた!
■ CBSの「カープールカラオケ」番組ヒットの功労者はマライア・キャリー!
■ きっかけはジョージ・マイケル、カープールカラオケはここから始まった!
■ 30年越しのリック・アストリー ~ トレヴァー・ホーンと共演篇
…でも紹介されています。是非こちらもご覧ください。


※2017年6月7日、2018年6月11日に掲載された記事を再アップデート


2020.06.11
150
  YouTube / The Late Late Show with James Corden 


  YouTube / Warner Bros. Records
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
潮田 一成
相変わらず色んな切り口がありますねー。
True Blue発売後にマドンナが後楽園球場でやったコンサートに行ったのか懐かしいです。このPapa, don't preachもやったし。
彼女は50代も半ばになってからスーパーボウルのハーフタイムショーにも出て、「動けてない」と言う批判もあったけど、個人的にはすごく良かった。
ついでにレベッカのMoonも懐かしい!
2017/06/07 15:24
2
返信
1965年生まれ
中川 肇
後楽園球場のライブはWho's That Girl Tourですね。これが初来日だったと思います。三菱電機がスポンサードしてました。確か1回雨天中止になって大騒ぎになりましたね :)
2017/06/08 10:27
0
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
74
1
9
8
8
レベッカの「フレンズ」と「MOON」NOKKOも描いた母娘の確執
カタリベ / 上村 彰子
24
1
9
8
4
プリンス「パープル・レイン」ナンバーワンに匹敵する1位になれなかったシングル
カタリベ / KARL南澤
32
1
9
8
5
マドンナ初のバラードシングルはマイケルとカーペンターズにつながった!
カタリベ / DR.ENO
19
1
9
8
4
双璧だったマイケルとプリンス、そしてスリラーとパープル・レイン
カタリベ / ジャン・タリメー
29
1
9
8
7
圧巻のマドンナ旋風、その全てが次世代ダンスミュージックの原点!
カタリベ / KARL南澤
85
1
9
8
4
奇跡の年【1984】第1回 MTV アワードを揺るがせたマドンナの媚態
カタリベ / 指南役
Re:minder - リマインダー