1月4日

アイリッシュ・ウイスキーを飲みながら。酔いどれ詩人フィル・ライノット

36
2
 
 この日何の日? 
シン・リジィのフロントマン、フィル・ライノットが36歳の若さで亡くなった日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
満ち溢れる音楽への愛、世代を超えたロカビリー・セッション

カヴァーの女王「椎名恵」さしづめ彼女はシンガーソングトランスレーター

シンプリー・レッドのミック・ハックネルは「赤い悪魔」の熱狂的サポーター

徳永英明のレイニーブルー、今も原宿に行くと耳の奥であのイントロが…

受験シーズンの定番ソング? とんねるず「落ちて滑って不合格」

EPICソニー名曲列伝:渡辺美里「My Revolution」エピック黄金時代がやって来た!

もっとみる≫






photo:Discogs  

どうしようもなくロックンロールが聴きたい時、僕はシン・リジィのアルバムを手に取るようにしている。北アイルランド・ベルファスト出身の友人が山のように貸してくれたCDは薬のようによく「効き」、美味しいギネスビールやアイリッシュ・ウイスキーのように体に染みわたる。

シン・リジィ。このロックンロールバンドの素晴らしさは、グループのフロントマン、フィル・ライノットの魅力によるところが大きいと僕は思う。185cmの長身と長い手足。ベースを持つ位置は腰より上。ピックガードが鏡になっており、それがステージの光を反射して観客を照らす。時には銃のように構えてソロを弾く。どうしようもなくかっこいい。

日本でフィルの曲が最もかかったのは2014年かもしれない。ソチ・オリンピックで羽生結弦選手の素晴らしいショートプログラムで使われた「パリの散歩道(Parisienne Walkways)」。ゲイリーのギターの流麗な素晴らしさは言うまでもないが、この曲はシン・リジィに在籍していたゲイリーとフィルの共作である。残念ながらという言い方はおかしいかもしれないが、使われたのはゲイリー・ムーアのインストのみのヴァージョンであり自身の出自を振り返るフィルのポエトリーリーディングの箇所は省略されて世に広まった。

シン・リジィがゲイリー・ムーアやジョン・サイクスなど名ギタリストの活躍の場であるかのように受け入れられてしまうのも、在籍した多くのギタリストの輝かしいキャリアを一瞥すれば致し方のないことかもしれない。

そのギタリスト達の奏法からシン・リジィの音楽は「ヘヴィーメタル」とジャンル分けされているようである。しかしグループが所謂ヘヴィーメタルサウンドを明確に志向したのは解散が公表された後、ラストアルバムとして83年に発表された『サンダー・アンド・ライトニング』だけであろう。

69年のデビューからグループは音楽スタイルを様々に変えていった。しかしグループに通底しているキーワードはフィルのロマンティシズムにあると感じる。そこにはアイルランド人の夢見たアメリカのロックンロールスタイルへの憧憬があり、加えてワイルドだが涙脆く情に厚いアイリッシュ気質が下地にあると思う。そこには単純に「ヘヴィーメタル」とレッテルを張ってしまうにはあまりにも豊穣なものがある。

その豊かさの原点は彼の書く詩だろう。彼はその恥ずかしいまでのロマンティシズムを率直に歌う。登場するのはアウトロー、カウボーイ、ゴロツキ、無頼漢、山師、脱獄者……。「無垢なロックンロール」とでも呼べそうな典型的な「はみ出し者のロマンティシズム」。そしてその詩は時にバンドの奏でるメロディーから逸脱してポエトリーリーディングの様を呈する。

代表曲「ヤツらは街へ(The Boys Are Back In Town)」を一聴すればあたかもベースギターを持ったボブ・ディランのようなフィルの、語りのような歌唱を堪能できるだろう。

そこからはロックのダイナミックさと隠しきれない哀愁が漂う。ボン・ジョヴィやメタリカ、メガデスなどのヘヴィーメタル王道勢はもちろん、カーディガンズやベル・アンド・セバスチャン、ひいてはハッピー・マンデーズがこの曲をカヴァーしているのも単なるヘヴィーメタルに収まらないフィル、シン・リジィの魅力のなせる技だろう。

86年の年頭、この偉大なロックアイコンは世を去った。僕には深刻に彼を弔うより、ジャーに満たされたアイリッシュ・ウイスキーを飲みながら、CDを貸してくれたアイリッシュの友人とワイワイガヤガヤ彼の歌を歌う方が彼に対する最大の追悼であると思える。酔いどれロック詩人よ、永遠なれ!

2018.01.04
36
  YouTube / waddockhunt


  YouTube / cameraman32
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
藤澤 一雅
私もフィル・ライノット大好きです、今でも。
2018/01/04 21:31
1
返信
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
嬉しいです!! フィルの音楽・スタイル・精神は本当に時を超えることが実感されます。
2018/01/11 05:12
0
カタリベ
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
コラムリスト≫
20
1
9
8
2
ちょっと皮肉な出世作、ジョン・サイクスの「どうか私を置いていかないで」
カタリベ / KazーK
11
1
9
8
3
結成35年!スラッシュメタルを世に知らしめたメタリカのぶれないスタイル
カタリベ / DR.ENO
17
1
9
9
0
スティールハート、渾身のバラードで名を馳せたハードロック・バンド
カタリベ / KazーK
44
1
9
8
5
ヘビメタのイメージを一新した “ボン・ジョヴィ” という魔法の言葉
カタリベ / 中塚 一晶
45
1
9
8
3
80年代のゲイリー・ムーア、奇跡を共有した10年間を振り返る
カタリベ / 中塚 一晶
22
1
9
8
5
質実剛健!硬派を貫き通す稀有なヘヴィメタルバンド ー アンセム
カタリベ / 中塚 一晶
Re:minder - リマインダー